日本大学との連携

付属校ならではの
様々な高大連携教育を実施しています

生徒たちの学問への関心を引き出し、学習意欲を高めるために積極的に高大連携教育を進めています。大学での学びに対して正しい知識を得させたり、目的意識を持った進路選択を促すために、学部説明会や大学での体験授業などを行っています。

実習型学習

理工学部

週1回、理工学部に通って研究に取り組みます。テーマは「物理学実験(約30種)」「プラズマ研究室」「フーコーの振り子」から選択することができ、選択者が少ないテーマについても大学教授・大学生・大学院生がサポートにつきます。研究には大学の施設・設備を利用し、研究成果をレポートにまとめて文化祭、修了式でプレゼンテーションをします。

医学部

夏休み中の4日間、医学部リサーチセンターでES細胞の培養実験に取り組みます。中高にはない精密な器具や高度な施設で、最先端の医学を体験します。実習の最終日には教授から出された課題について各自が発表を行い、討議し、医学に対するモティベーションが高まります。さらに2学期中に薬学部体験生徒と合流して同級生や保護者に発展的な報告会を実施し、プレゼンテーション力を磨きます。

薬学部

夏休みの3日間、3研究室で実習指導を受けます。見たこともなかった化学実験器具をつかってアセチルサリチル酸(アスピリン)を一日かけて合成します。翌日は調剤実習、模擬処方箋から錠剤、散薬、水薬と調剤が進みます。実習者が少ないだけ薬学部生より濃度の濃い実習になります。最終日は抗がん剤の勉強。各濃度調整した抗がん剤溶液にがん細胞を加え、がん細胞のアポトーシスの発現状態を比較する最先端の実験を体験します。

歯学部

夏休み中の一日を使い、午前中に歯学部説明会、午後に歯科医師が使用する医療器具を用いた実習を行います。実習ではマネキンの歯を削り、詰め物を行ったり、石膏で型どりを体験します。またエックス線写真で診断を学び、歯科医師として医療を行う自分を具体的にイメージすることができます。

受講型学習

生産工学部・経済学部・法学部

放課後にそれぞれのキャンパスに移動して、大学生が学んでいる講義を受けます。大学生と同様に、前期・後期を通して受講し、期末試験に合格すると日本大学進学後の履修単位として認定されます。大学での学びを先取りできるほか、キャンパスを歩きながら大学の実際の姿を目にすることができます。実際に講義を受けることで、大学で学びたい内容との一致あるいはギャップを感じることができるため、学部選択に有意義な機会となっています。

単位履修制度

受講型学習の講義に参加し、期末試験に合格すると日本大学進学後の履修単位として認定される制度です(年間10単位まで)。大学進学後にゆとりを持って学ぶことができるほか、専門的な講義をより多く選択することができるようになります。

学部説明会[高1]

高校1年生を対象として、次年度のコース選択を控えた12月に学部説明会が実施されます。今年度は日本大学から15の学部(法・文理・経済・商・芸術・国際関係・危機管理・スポーツ科学・理工・生産工・工・歯・松戸歯・生物資源科・薬)及び看護専門学校の先生方をお招きし、各学部の魅力についてお話をしていただきました。生徒は事前の希望調査をもとに各自3つの学部の説明を聞きました。大学での学びを知ることで、コース選択の判断材料になります。現在の自分から将来の自分へと繋げられる学部を、見極める良い機会となっています。自分の将来を考える機会として、日本大学に限らず、他大学進学を目指す生徒にとっても実りの多いガイダンスです。

PAGE TOP